採取種から育てたクレマティス

親のクレマティス(ドクターラッペル)

 この、親となるドクターラッペルの鉢植えを買って来たのは、もう10年ほども前のことである。クレマティスの鉢植えはとても値段が高い。だから、花が終わって片隅に置かれたような安い鉢植えを買ってきて、世話をしてやったのがこのクレマティスだ。このクレマティスに種が着いたので、プランターに蒔いて苗をつくり、育てたのが以下の子供たちだ。親自体が度重なる交配の結果できたものだから、その子供たちはみんな親とは違った花になった。だから、これらの子供たちには品種名がない。私がかってに鑑賞しているだけだ。