5月の庭

 おそらく、どこの庭でも5月の庭は人の心を一番浮き立たせるのではないだろうか。
5月は新緑が若葉に変わり、葉はまだ虫たちに傷められることもなく、そして何よりも沢山の花が咲く。
私の小庭では、終わり始めたつつじ、満開のクレマチス、日陰に咲くシランや苧環、高く枝を張り始めた花水木が花を咲かせている。
 昨日の夕方から降り始めた雨が、樹木や草花たちの葉を洗い、生き生きとさせている。
この庭にはカエルやトカゲがいて、時折これらをねらってアオダイショウがやってくる。
地面をきれいにしようとして、草をひいたり、こまめに掃いたりしていたときには、沢山のナメクジがいて困っていた。少し怠けて、ほったらかしにし、木の根に落ち葉や枯れ枝をそのままにしておいているうち、ナメクジは気にならなくなった。